埋没法は本当に安心?埋没法の危険性とは?

目のアップ

一重まぶたから二重にする美容整形手術には、主に切開法と埋没法があります。
切開法はまぶたを切って縫合する方法です。埋没法は皮膚を切らずに医療用の糸で二重のラインを作る方法です。

失敗しても比較的修正しやすい、低料金、術後の回復が早いなどの理由から埋没法が人気です。
初めて美容整形を受けられる方や、整形に抵抗がある方もこちらを選ぶ人が多いようです。

この方法にはリスクが無いと思われがちですが、多少の危険も伴います。
まず、使われる糸は、抜糸をしない限りずっとまぶたの中に残る事になります。
使用されている糸はとても細い医療用の物ですので、体に入れる事自体は問題ありません。
しかし、結んでいたものが緩んだ場合などに、結び目が眼球側に飛び出してしまい、目を傷つけてしまう事があります。

病院では、簡単・安心といった謳い文句を鵜呑みにせず、どのような危険性やデメリットがあるのかをカウンセリングできちんと確認しておくようにしましょう。